医師を目指す目的

医師を目指す目的を確認しておきましょう。なぜなら、医師は責任のある仕事です。そのため、その役割を果たしていくための動機をもっていくことが大事です。仕事は長期的なものです。そのため、長年働くことができる理由があった方がいいのです。

そのような理由があることで、健康的に働くことができます。不規則な習慣になってしまうこともあるでしょう。それでも、責任感があれば乗り切れることもあります。

そのようにして、このような仕事をするためには、どのような物が必要であったり、資格が必要であったりするのかを考えていくことです。その1つに目的を必要としている事実があるのでしたら、それを確認するための作業をすることです。

医師として働くための動機を確認していくためにも、自分の頭の中を整理していくことが大事です。文章にしてみたり、人に話をしてみたりする必要が出てきます。頭の中を整理した状態で仕事をすることができれば、働きやすくなります。

医師になるまでの道のり

医師になりたいと思った事がある人は多いはずです。しかし、成長する過程で医師になる事がどんなに難しい事か段々と理解していき自分には到底無理だと諦めてしまいます。

医師になる為には、医師国家試験に合格して医師免許を取得する必要があります。医師国家試験を受験するまでに、長い道のりがまずあります。まずは、超難関とされる大学の医学部に入学する必要があります。受験を突破したら、医学部で6年間勉強をする必要があります。

医学部受験も大変ですが、その後の6年間もかなり厳しく留年する人も多いです。その後に医師国家試験を受験する事が出来ます。医師国家試験にめでたく合格すると、その後卒後臨床研修を受けます。臨床研修とは、簡単にいえば研修医として病院で勤務する事です。この期間に医師としての経験を積みます。この2年間は医師として1人前になる為に心身ともに最も厳しい時期です。

その後、自分の進むべき診療科を決めていきます。医師になるまでの道のりは長く厳しいものです。

医師に向いている人

医師というとまず連想するのは、成績が優秀な人ではないでしょうか。確かに高い学力がないと医師になる事は出来ません。医師がこうであるべきだという絶対的な定義はありません。日々進歩していく医学や医療技術に付いて行く為に、日々努力を続けなくてはいけません。成績が優秀なだけではなく、日々コツコツと努力を続ける事が出来る人でないといけません。

医師は、そのほとんどが臨床医となり患者さんと向き合って行く事になります。それには、使命感があり患者さんとうまくコミュニュケーションを取る事が出来る高いコミュニュケーション能力が必要です。

コミュニュケーション能力は、経験を積む事である程度ついて来ますが、どうしても話すの苦手とか聞く耳が持てないとなると臨床医には向いてないのではないでしょうか。

患者さんから病状を丁寧に聞く事で、患者さんの隠れた病気を見つける事が出来るかもしれません。きちんと患者さんと向き合って話す事で患者さんの不安を取り除けます。こういった事が出来る人が医師に向いている人でないでしょうか。

医師専門の求人紹介はここ